普通の女の子になりたかった、わたし

成人過ぎてから注意欠陥障害と双極性障害が発覚した20代メンヘラ女子が織りなす雑記

私はこれで止めました。

何をって?

イケハヤさんの書籍を買う事、TLやブログを読むことです。

 

これっていうのはこちら!

www.xn--n8jvce0l6c.com

 

なんと、我らがイケハヤさんは、営利目的でクラインガルテンもとやまさんのところへ転がり込んでいるのです。

クラインガルテンもとやまさんの規約は以下の通りです。

クラインガルテンもとやまにはこのような規約があります。 利用条件

・自分で農園を使用し、耕作できる方。 (基本的な栽培は指導します。) (基本的な栽培は指導します。)

・共益部分の共同作業に参加できる方。

・ 農園で企画する 栽培講習会や 交流事業に積極的参加できる方。

・ 地域住民 及び他の利用者 と積極的に交流できる方。

クラインガルテンに関する諸規定を守れる方。

・ 施設内 へのペット持ち込みはできません 。

嶺北地域外に住所を有する方。(※ 現本山町地域おこし協力隊は適用除外)

移住・定住に向けて意欲のある方を歓迎します。

営利を目的とした利用をしないこと。

・環境にやさしい有機栽培及び減農薬などの方法を実践してくだい。

出典 http://www.town.motoyama.kochi.jp/download/?t=LD&id=820&fid=2837

本人の為にイケダハヤト氏を巡る最近の騒動をまとめてみた イケハヤ嫌いじゃないし恨みもないけどね - だいちゃん.com

一番目の赤い文字の部分は、住民票を移せない(ほかの地域にないといけない)と書かれているもの。

これが、滞在型市民農園は住民票を移せない証拠にもなります。

赤文字にはしませんでしたが、黒い太文字の部分を見る限り、「移住、定住に向けて意欲のある方を歓迎」とあります。

つまり、移住、定住をこの施設内で出来るわけではない、と言っているのです。

そして、一番問題なのは、二番目の赤い文字部分「営利を目的とした利用をしないこと」です。

イケダハヤト氏はブログ上で収支報告や従業員を業務委託として雇った、などと書いています。これを「営利目的ではない、社会貢献をする為に活動費を集めているだけだ」と言い逃れをすることは一見出来そうです。

でも、「ブログサロン」って社会貢献なんですかね? どう考えても、こればかりは営利目的です。言い逃れは出来ないでしょう。

まぁ「年商」という言葉を使っている時点で「営利」なのですがね。

本人の為にイケダハヤト氏を巡る最近の騒動をまとめてみた イケハヤ嫌いじゃないし恨みもないけどね - だいちゃん.com

 

結局のところ、彼の幼いころの性格である、「人一倍シャイで臆病な部分」は変わらないんでしょうね。

本当は友達もほしいから奇抜なことをして飽くまで、「実績ある男」っぽく見せたかったんでしょう。

”なぜ僕は「炎上」を恐れないのか”を読了し、また、この問題を知った今の私からすると、そのように見受けられます。

そして実態は、高知に移住したと言いつつ、東京で実は消耗しているわけですからね。

 

あのね、そういう中途半端なのって田舎の人でも都会の人でも嫌われますよ。

貴方に影響を受けた人って、どれだけいるとお思いですか。そういった人たちに対する裏切り行為でもありますよ、これ。

「お金が入れば何でもいい。」って思ってらっしゃいませんか?

ブログサロン運営とかなさっているわけでしょう。で、貴方のノウハウを買いたい顧客がいるわけでしょう。

顧客にどういう顔してお教えなさるんでしょうか。

確かに貴方のテクニックは大変参考になります。しかしながら、このような実態とは違う行為を続けている人に顧客はついていきますでしょうか。これは信用問題であると思いますが、いかがでしょうか。

 

やはり、会社は辞めるべきではないと感じた

だって、言っていることとやっていることが正反対の人なんて信用できませんから。

職業としてのプロ経営者 -プロフェッショナルマネジャー論-

職業としてのプロ経営者 -プロフェッショナルマネジャー論-

 

こちらの本でインタビューを受けてらっしゃる経営者の方々は皆さん、挫折を乗り越えて実績を上げてらっしゃるんですよ。

たしかに鬱病とかになったら世話ないけど、 挫折を乗り越えてさらにストレッチしていく方が経験値が高くなって出来ることが増えて自己肯定感が増すじゃないですか。

結局のところ、無理しない程度に無理をする、休むべきところは休むっていうことが出来ている人が社会で活躍できる人材なのだと思います。

また、今の会社やこちらの本でインタビューを受けてらっしゃる経営者の皆さまの声を読み取って、より一層感じました。

 

フリーランスでやるか会社に残るか迷うなら話を聴こう

だいちゃんさんと同じ結論に至ってしまいましたが、沢山のオーナーの話を聞いてから動かれるのが無難だと思います。

あと、経営学の本を読んでおくといった自己投資をきちんと行ってからでも遅くないのではと私は思いました。